日々を楽しくするなんでもニュース

all my news

経営学

新社会人が知っておくべき経営学【MESE編】

投稿日:

今回は「MESE(ミーシー)」について説明していきます。

MESEとは?

MESE=Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive

相互に重なりがなくもれがない状態を表します。

MESE.png

男女、年代、地域なども簡単なMESEの例となります。
これらは事業のダーゲットや分析対象を決定するのに役立ちます。
MESEを元に考えることは、行動を起こす上で欠かせないものとなりそうです。

多くのフレームワークはMESEとして使用できます。
マーケティングの4p、組織の7s、過去・現在・未来などなどです。

・使用例

MESEはある事業のどこに問題点があるのかを特定するのに役立ちます。

たとえば、売上に悩んでいる場合、

売上=顧客単価×顧客数×購入頻度
とMESEに分解できるため、顧客単価に問題があるのか、顧客数に問題があるのか、購入頻度に問題があるのか、と一段階進んだ議論が可能になります。

事業でなくても、ダイエットなどの日常生活にも使用できます。

ダイエットの成功=摂取カロリー<消費カロリー
とMESEに分解できるため、食べ過ぎなのか運動しすぎなのか問題を特定できます。いくら運動しても体重が減らないという方は一度冷静に分析し、消費カロリーはもう上限に達していないのか?などを確認してみるといいかもしれません。

-経営学
-, ,

Copyright© all my news , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.